banner

代行手数料が無料!?

会社設立の代行手数料が0円です

大学を卒業して就職をし、数年もたつと仕事に慣れてきます。早い人では、20代にして役職を与えられ、部下を持つことも珍しくありません。部下を持ち、部署の責任を持ち、さらなる飛躍をと考えたときに、ふと頭をよぎるものがあります。

会社設立、という二文字です。同僚に差をつけて出世を果たしたということは、相応の実力と、努力と、人望と、そしてマネジメント能力を買われてのことでしょう。能力のある人ならば、すでに自覚しているでしょうが、この段階で会社設立して、大きな失敗をすることはないでしょう。少なくとも、今担当している部署のレベルの会社は作ることができます。できるからこそ、その部署の責任を預けられているのです。

ならば、会社設立しても良いではありませんか。20代などまだまだ若い、と人は言うでしょう。しかし、一代で築き上げられた大企業は現在でもたくさんあり、そのほとんどはオーナーが20代のときに会社設立したものです。あなたが成功しないなどとは、誰も言うことができません。

さて、もし起会設立するとして、まず問題になってくるのは、資金面です。いくら仕事の実力があるからといって、お金がなければ会社経営は失敗します。なぜなら、設立してから数年は営業が軌道に乗らないからです。つまり、収益と支出では、支出のほうが上回ってしまう時期があるのは、避けられないのです。だからこそ、この数年をしのぐ資金が必要なのです。誰かの助けを借りるのが必要でしょう。

資金面はなんとかなったと仮定します。次に問題なのは、会社設立に関する具体的な手続きです。本を読めば自分で設立することはできます。しかし、それは理屈の上では、ということです。実際に自分で設立手続きをした人の多くは、専門家に頼むべきだったと後悔していると言います。よって、司法書士、税理士、行政書士など、会社設立代行を専門に行っている事務所と契約するべきでしょう。そのほうが、設立後も様々なフォローが受けられるので、経営もスムーズに進みます。

ところで、会社設立の代行を依頼した場合、どれだけの手数料が請求されるのでしょうか。もちろん事務所によって異なりますが、最近では0円といった事務所も多くあります。もちろん、手数料が0円というだけであり、その他の設立にかかわる実費は負担しなければなりません。

手数料0円の事務所を選択する場合には、その事務所が会社設立後にどのようなフォローをしてくれるかを確認します。

手数料0円というのは、大抵の場合、設立後の顧問契約が前提となるからです。顧問としてどのような実績があるのか、会社が大きくなってもその顧問で大丈夫なのか、きちんと確認してから契約を結びましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立を格安でできてしまう今、格安で設立して本業で力を発揮する方法All Rights Reserved.