banner

海外がお勧め

これからの会社設立は海外がお勧め

安定志向の若者が増えていると連日報道されています。グローバリゼーションによる新自由主義経済は世界中に大きな格差を生んだと問題視する声が多くあげられているからです。実際、我が国においてバブル崩壊後、そしてリーマンショック以降、勝ち組負け組と表現されるような所得格差が社会問題として取り上げられています。

しかし、現実は何ら変化していません。新自由主義経済は資本主義経済の成熟した姿であり、豊かになりたいと願う人々の心に応えるシステムです。その欲求が今世紀中に止まることはないでしょう。その現実を前にして、果たして安定志向という考え方で生き残れるのでしょうか。新自由主義のルールに則り、積極的に挑戦していくベンチャースピリットがこれからの生き方であると言えるのではないでしょうか。

ベンチャー企業はITなどを中心に国内では飽和状態です。我が国の経済は非常に成熟しているので、ニッチ産業を捕まえるようなベンチャーしか成功を収めることは不可能となっています。また、コンプライアンスが非常に厳しく、監査や納税などもとても細かく設定されています。個人企業から会社設立を行い、それを成長させていくには人件費をはじめ、初期投資額が潤沢に用意できなければとても難しいのです。

そこで注目すべきは海外での会社設立です。日本人はとても成熟した経済世界に身を置いておきながらも、島国であるからかなかなか海外に目を向ける方は少ないようです。海外での会社設立は困難なイメージがありますが、それを上回るメリットもあります。

会社設立にあたってはその国々よってルールが違いますので現地のアドバイザーを活用しましょう。日本人の企業家はおおむね歓迎されるケースが多いので、余計な不安は不要です。どのような事業を行うかが成功のカギなりますが、特任新興国においては日本のビジネスモデルが全く存在しない地域がたくさんあります。それこそが最大のメリットなのです。

例えば人材紹介業などは日本では飽和状態のビジネスモデルですが、東南アジアなどでは全く存在していません。会社設立の際は日本で成功しているビジネスモデルをシンプルに活用することで事業を安定させることができるでしょう。

今や情報インフラは世界中で整備されています。インターネットがあればどこでも情報を入手できますし、言葉の壁も翻訳システムが乗り越えてくれます。海外で会社設立という心の壁を乗り越えられれば、決してハードルは高くない選択肢です。

Copyright(c) 2014 会社設立を格安でできてしまう今、格安で設立して本業で力を発揮する方法All Rights Reserved.