banner

最近の投稿

海外がお勧め

これからの会社設立は海外がお勧め

安定志向の若者が増えていると連日報道されています。グローバリゼーションによる新自由主義経済は世界中に大きな格差を生んだと問題視する声が多くあげられているからです。実際、我が国においてバブル崩壊後、そしてリーマンショック以降、勝ち組負け組と表現されるような所得格差が社会問題として取り上げられています。

しかし、現実は何ら変化していません。新自由主義経済は資本主義経済の成熟した姿であり、豊かになりたいと願う人々の心に応えるシステムです。その欲求が今世紀中に止まることはないでしょう。その現実を前にして、果たして安定志向という考え方で生き残れるのでしょうか。新自由主義のルールに則り、積極的に挑戦していくベンチャースピリットがこれからの生き方であると言えるのではないでしょうか。

ベンチャー企業はITなどを中心に国内では飽和状態です。我が国の経済は非常に成熟しているので、ニッチ産業を捕まえるようなベンチャーしか成功を収めることは不可能となっています。また、コンプライアンスが非常に厳しく、監査や納税などもとても細かく設定されています。個人企業から会社設立を行い、それを成長させていくには人件費をはじめ、初期投資額が潤沢に用意できなければとても難しいのです。

そこで注目すべきは海外での会社設立です。日本人はとても成熟した経済世界に身を置いておきながらも、島国であるからかなかなか海外に目を向ける方は少ないようです。海外での会社設立は困難なイメージがありますが、それを上回るメリットもあります。

会社設立にあたってはその国々よってルールが違いますので現地のアドバイザーを活用しましょう。日本人の企業家はおおむね歓迎されるケースが多いので、余計な不安は不要です。どのような事業を行うかが成功のカギなりますが、特任新興国においては日本のビジネスモデルが全く存在しない地域がたくさんあります。それこそが最大のメリットなのです。

例えば人材紹介業などは日本では飽和状態のビジネスモデルですが、東南アジアなどでは全く存在していません。会社設立の際は日本で成功しているビジネスモデルをシンプルに活用することで事業を安定させることができるでしょう。

今や情報インフラは世界中で整備されています。インターネットがあればどこでも情報を入手できますし、言葉の壁も翻訳システムが乗り越えてくれます。海外で会社設立という心の壁を乗り越えられれば、決してハードルは高くない選択肢です。

最安の費用で会社設立

最安の費用で会社設立をする方法について

会社設立をするには、多額の費用がかかります。あらゆる手続きを自力で済ませた場合でも、最低ラインで24万円以上出費額になるものです。しかし、この費用をできるだけ抑えて最安の費用で会社を作る「電子定款」「電子定款認証」という方法があります。会社設立を行う場合、費用がかさむ理由は「手続きに不必要な物を買うお金が必要だから」です。その最たるものが定款に貼る「収入印紙」であり、その額は4万円にもなります。会社を最安で設立したいのであれば、その有効な方法は「収入印紙を利用しないこと」になります。「電子定款」の形で定款を作れば収入印紙を使わず定款を作ることができますから、最安費用を望むのであれば、電子定款の利用は必須と言えます。

ただし、電子定款を作り、公証役場で認証を受けるには、専用のソフトと機器が必要になります。いずれも高額であり、自力で電子定款を作ろうとすれば、紙媒体の定款を作るよりも費用がかさむことになります。電子定款で定款を作り、かつ専用のソフトや機器を購入せずに済む方法が必要です。

そこで、「士業関係者に会社設立代行を依頼する」という選択肢が現れます。弁護士、司法書士、行政書士、税理士といった方々の事務所には、電子定款の作成と、電子定款認証に必要な専用ソフトと機器が完備されています。発起人が会社設立を依頼すると、その資格に応じた形で代行を行ってくれます。

この中で、最も安価な会社設立代行プランを提案しているのは、行政書士です。行政書士は法律上、会社設立の全てを代行することはできません。しかし、その中でも最も難解な書類作成を代行してくれます。また、電子定款と電子定款認証に必要な専用ソフトと機器もしっかりと扱えますから、最安の会社設立を行うパートナーとして最適解の1つと言えるでしょう。

もちろん、行政書士に依頼した場合は相応の報酬を払う必要があります。一般に士業関係者に仕事を依頼すると、高額な費用を請求されるイメージがありますが、それはごく限られた仕事内容の話です。会社設立代行のように、より身近なサービスは意外と安価な報酬が設定されています。この為、収入印紙代を浮かせた4万円分から行政書士へ支払う報酬を差し引いても、自力で行うより数万円安く手続きが済むのです。

行政書士に依頼する場合は、そのサービスが必要最小限である事に注意しましょう。行政書士事務所にサービス内容は異なりますが、その多くは会社設立までの関係にとどまります。設立後に役立つサービスは弁護士や司法書士といった事務所が得意とするものであり、行政書士はそうしたアフターサービスを提供していない事務所が主流です。

会社設立を最安の費用で行いたい方にとって、行政書士へ依頼することは有効な方法です。依頼前は、そのメリットとデメリットを把握した上で、必要最小限のサービスである事を認識した上で利用するようにしましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立を格安でできてしまう今、格安で設立して本業で力を発揮する方法All Rights Reserved.